仕事でのモチベーションの高め方

Filed in 仕事でのモチベーションの高め方 はコメントを受け付けていません。

仕事の品質は、取り組む姿勢によって左右されます。たとえマニュアル通りに行えば良い作業であっても、ほんの少しのさじ加減で得られる質は異なるものです。例えば作業にかかる時間や提供するサービスの内容、相手が感じる満足度などが挙げられます。

そしてその取り組む姿勢で大きなウェイトを占めるのがモチベーションです。

これは自立発生的に生じる気力に通じるもので、本人がコントロールできるものではないとされています。

では仕事の品質にも影響を与えるモチベーションはどのように管理すれば良いのかという課題が発生します。

例えばプライベートで何か嫌なことがあれば、それは業務に影響を与えることもあります。けれどもそのようなプライバシーにまでは関知できない以上、スタッフのやる気には関与できないのかと言えば、それは違います。つまりモチベーションの管理は別のところにあるのだということを知っておくことが大切です。

そのヒントとなるのが、人は何に興味を持つのかということです。

興味を持つことに対してならば、何時間でも疲れを忘れて取り組むものです。仕事も同様に、興味を持つものであれば高いテンションで取り組むことができます。

実はその鍵となるのは、より深く理解したいという欲求にあります。つまり業務の中でも、分からないことは知りたいという欲求が生まれます。これを上手く利用することにより、常にやり甲斐を持って取り組むことができるようになるわけです。

TOP